スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の日差し

我が忠勇なる毛根達よ!!

今や頭の毛の半数が我らが太陽によって紫外線の向こうに消えた!!

地球に浮かぶあの太陽こそが宿敵の証である!!


決定的打撃を受けた頭皮にいか程の毛が残っていようと、それはすでに形骸である!!


22_0005.jpg


あえて言おう。

残りカスであると!!
















と・・・まぁ、今年の夏もあっついですねぇ。

朝起きると枕に散る毛を数えては供養してやり、お出かけ前にはヘルメットを被り・・・

残りすくない毛達と大事な日々をすごしております。

さて今日は日頃行っている毛のメンテナンスを紹介しようかと思います。

シャンプー編

まず使用するシャンプーだが、まさか市販のシャンプーは使ってないよな?

論外である。

シャンプーは「スカルプD」一択だ!

せめてノンシリコンシャンプー。

上記の2品のどちらかを揃えれたら下記をよめ。

bnr_about_on.jpg


夏場なのでシャワーで済ます人も多いと思うが、それは間違いである!

風呂につかり、流したくない汗をかくことで頭皮の汚れを浮かばせるのである!

汗が出てきたところで、いざシャンプーなのだが、この時頭にかける水の温度に注意していただきたい。

まさか35~40度の温水をかけてないよな?

死亡である。

25度前後のぬるぬるの水をかけるのが復活への道だ。

なぜなら、頭皮には毛細血管が幾重にも張り巡らされているので35~40度の温水だと

毛細血管に刺激を与えてしまうのである。

だから、すこしつめたいぐらいのぬるま湯がいいのだ。

そしてシャンプーは必ず2回すること。

1回目は簡単に洗い流してしまおう。

大事なのは2回目、指先で頭皮を縦横とマッサージするかのように揉むのだ

注意点だが、強く揉みすぎてはダメ。

週刊ジャンプを5本指で支えれるぐらいの指圧で揉むのだ。

これもぬるま湯で洗い流したら、水切りをし、タオルなどで拭くのだが

タオルで拭くときは毛を拭くのではなく頭皮を拭くように拭くのだ。

そして、ドライヤーなどで髪の毛を乾かすのだが、

熱風は使用禁止。夏場なので扇風機などで乾かそう。



















もう一度言おう

決定的打撃を受けた頭皮にいか程の毛が残っていようと、それはすでに形骸である!!








残りすくない毛達と幸せな日々を過ごしていきたいものだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

とりあえず、ドライヤーは冷風でやりました(`Д´)ゞ

でもスカDは高いから維持できませんwww

とりあえず、毛根は死守したいねぇ・・・(´・ェ・`)

No title

歳ってこわいお・・・

No title

(´;ω;`)涙でてきた・・。
ハマさん鬼才すぎてうらやましい・・(´;ω;`)
プロフィール

euphonious

Author:euphonious
YellowTopazで活動中の
G「euphonious」ではGv参加率◎な300↑の全職(特に支援、妨害)様を募集してます。Gv週3~。詳細等気軽にお尋ねください
これからGv始めてみたいという方も大歓迎です

最新記事
攻撃速度計算機
異常抵抗計算機
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。